小学校の通信簿の成績が最悪!通信簿の本質と良くする方法とは?

この記事の著者
名前:トモキン(元公務員) 専門:ブログマーケティング、ブログ集客、記事外注化、自転車屋さん(オーナー兼店長オニガワラ)、 肩書き:元公務員 上司にコテンパンにいじめられていた公務員時代に「公務員は副業禁止?儲けて絶対辞めたるわ!」精神で在職中にビジネス起業。バレても大丈夫なように対策をしながら必死にアフィリエイトサイトを作成し続ける。そしてわずか1年で本業の収入を超えて公務員脱出。趣味は子育て。会社辞めたい現在給料18-30万で頑張っている公務員やサラリーマンに「一生懸命のんびりしよう。」と応援とユーモアたっぷりに低姿勢でサポートしている。コンサル生多数活躍中。得意分野は外注化。1人で常時100人程雇い、最低でも1ヶ月100記事以上を自分の時間を使わずに記事追加しており、時間のないサラリーマンに外注化とM&A(サイト買収)を薦めている。

>>>>トモキンの公務員脱出計画の経緯

最近知った耳で聞ける読書アプリ。780円聴き放題。この仕組みは革命的。昔、子供の頃に聞いた読み聞かせの大人版。自転車や電車でどこでも聞ける。これで1日1冊、年間300冊の本の虫へのハードルが一気に下がった。無料期間あるので是非お試しを。知識増えて世界変わるで。

通勤中に本が聴けるアプリ - audiobook.jp

どうも、こんにちは、元公務員のトモキンです!

今日はこんなお話↓

学期が終わるごとに渡されるものといえばそう、通信簿ですよね。通信簿の内容が良ければ喜んで、悪ければ凹んで…何より僕は親に見せるときが一番緊張しました。

そして僕も親となり、以前公務員として働いていた時は、子供の通信簿の内容が良ければ喜んで、悪ければ怒ったりしていたのですが、公務員を辞めて経営者となった今、通信簿の本質がわかってきたんです。

通信簿の本質がわかれば、一喜一憂する意味もないなと実感しましたし、通信簿を良くする方法もわかってきました。なので今回は、通信簿の本質や良くする方法についてお話します。

通信簿の評価のつけ方が変更に!

通信簿は地域によって「通知表」や「あゆみ」という名前で呼ばれたりもしますが、ここで書かれている評価って、「よくできる」「できる」「頑張ろう」など、3つの項目で判定されることが多いですよね。

以前は評価のつけ方もある程度決まりがあったのですが、この評価の仕方が最近変わったんですよ。

トモキン
2002年に、相対的評価から絶対的評価に変更になったんやで。全然知らんかったやろ。僕も知らんかったわ。

どのように変わったかというと、

相対的評価:「よくできる」の評価人数が決まっている

絶対的評価:「よくできる」の評価人数は何人でもOK

と、人数の制限がなくなったんです。

昔は、「よくできる」は5人しかつけたらダメ、みたいな制限があったので、100点の人が6人いれば、6人のうち別の部分で成績がちょっとな…という人が評価を落とされていました。

でも今は絶対的評価となったので、100点の人が6人いれば、6人とも「よくできる」の評価をつけてくれます。

なので、「頑張ろう」はよっぽどのことがない限り、ほとんどつけられることはなくなったんですよ。

トモキン
ちなみに僕は昔めっちゃアホやったから、「できる」とか「頑張ろう」ばっかりやったわ。

そして通信簿を持ち帰ると、親は色んな反応をします。

どんな反応をする?通信簿を見た典型例

みなさん、通信簿を親に見せるとき、すごく緊張しませんでしたか?僕はあまり成績が良くなかったので、親に見せるのがすごく嫌でした。

そんな子供の気持ちとは裏腹に、親は楽しみにしている人も多いですよね。

そして実際に見てみたとき、みなさんはどんな反応をするでしょうか。僕は以前公務員として働いていた時と、経営者になった今では、通信簿を見る反応が変わってきました。

ほとんどの親はこんな反応をしている

僕が昔、一公務員として働いていた時は、通信簿を見てこのように反応していました。

親の反応
  • 評価が良かった場合:めっちゃ喜ぶ
  • 評価が悪かった場合:めっちゃ怒る

きっとどこの親も通信簿の評価が良ければすごく喜んで子供を褒めるのではないでしょうか。

僕の親も評価が良ければ、

「めっちゃすごいやん!今日は寿司でも食べに行くか!」

みたいに、めっちゃ喜んで褒めてくれてました。

反対に悪ければ

「なんでこんな悪いねん。次はもっと評価をあげなあかんで。」

と怒られるわけです。

実際僕もよく怒られていましたから。

でもたいていの親って、あまり褒めてくれないんですよね。必ず最後にはケチをつけられるんです。

重箱の隅をつつくように、悪いところを見つけては「次はもっと頑張らなあかんで。」って。

ちなみに僕は

「体育だけはいいのに、なんで国語とかできへんの?次はもっと国語頑張りや。」

と言われたりしてました。

トモキン
僕からすると、国語もじゅうぶん頑張ってますやん!って言いたかったけどな。

でもこれって、子供がどんだけ頑張ったかっていうのを見るんじゃなくて結果しか見てないから、喜んだり怒ったりするんですよね。

結果だけで判断されるから、あまり成績がよくないと「もっと良くなって欲しい」という親の願望で、「もっと頑張れ。」っていうんです。

まあ百歩譲って通信簿の評価が悪くて怒るのはいいとして、じゃあ評価を上げるにはどうすればいいのか?っていう方法を詳しく教えてくれって思うんですけど、それはまったく教えてくれません。

というのも、どうすれば良くなるのか、という分析する力が親には備わっていないんですよ。

どうすればこの科目の評価をあげれるかというのがわからないので、「次は頑張れ!」って子供に丸投げするんです。

トモキン
頑張れって言われても、子供も「どう頑張んねん!」ってなるんやで。

評価をあげるには、どうすればいいのかという対策を教えてあげる必要があります。これが経営者の考えなら、具体的な対策も示してあげることができるんですよ。

経営者の考えの人はこんな反応をしている

経営者の考えで子供に接すると、普通の考えの人が接するよりもめっちゃ伸びていきます。なぜなら、このように考えて接することができるからです。

経営者の考えの人の反応
  • とりあえずモチベーションをあげて褒める
  • そして通信簿を分析する

まずは子供のモチベーションをあげるために、褒めます。この褒めるという行為がめっちゃ大事です。

やっぱり子供にとって親は絶対的な存在なんですよね。生まれたときから一緒にいるので、親を見て子供は育っていきますし、親に認めてもらいたいと思っています。

なので親の行動次第で子供はどうとでも変わるんです

ダメダメばっかり言っていたら、「どうせダメなんやろ」って否定する考えになり全然伸びていかないので、「ダメ人間の完成」です。

ダメではなく、とりあえず褒めて子供のモチベーションをあげます。

そして次に、何がダメだったのか、というのを教えてあげる必要があるんです。

勉強でもスポーツでもなんでもそうですが、子供は子供なりに一生懸命頑張っています。なのでその頑張りについて褒めてあげる。

そうすることで、親が自分の頑張りを見てくれている、そしてそれを認めてくれたと、子供は嬉しく思うんです。

トモキン
仕事とか家事とかでも、初めから「なんででけへんねん」って否定されたら、やる気も一気になくなるやろ。でも頑張りを認めてもらえたら嬉しいやん。それと一緒やで。

やっぱり一言目から否定になると、本人も凹んでしまってそのあとの話とか耳に入ってこなくなるので、初めに褒める。例え褒めるところがなかったとしても、見つける。

「お、体育がめちゃくちゃいいやん。走るのが得意なんやな。」とか「漢字がめっちゃできてるやん。」とか。

その他の教科なんてどうでもええねん、という勢いで言ってあげると、子供も頑張りを認めてもらえたって嬉しくなって、どんどん自信もついてきます。

そうやって自信をつけさせてから、じゃあこの悪かった教科をどうやったら良くすることができるかな?と分析していくんです。

分析の仕方
  1. 欠点を見つける
  2. 対策する
  3. 理解しているポイントを確実に知っておく

例えば国語の点数が悪いとすると、国語の何ができてないのか、欠点を見つけます。

そしてその欠点に対してどのような対策を取るべきか、というのを示していく。そうすることであまり良くなかった評価もだんだん良くなっていくわけです。

あとこれが大事なんですけど、子供が理解しているポイントや弱点を確実に知っておく必要があります。

子供は自分の弱点なんて全くと言っていいほどわかってないので、それを親が見極めて教えていかなければいけません。

これはビジネスでは当たり前の「PDCAサイクル」で分析してやっていく必要があります。

PDCAサイクルとは?
Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)の頭文字をつなぎ合わせたもの。

まずは計画を立てそれを実行する。実行してどうなったかをチェックし、さらにより良くするために改善策をたてる。

それを元にまた計画を立てる、とPDCAを繰り返すことにより、どんどん作業が良くなっていく。

通信簿でいうと、

  1. まず子供の苦手なところを克服するためにどうすべきか計画を立てる。
  2. その計画に基づき、苦手な教科を教えていく。
  3. 教えた結果どうだったか評価する。
  4. 教えた結果、あまりわかっていないときは次はどのように教えていくか考える。
  5. その考え元に新たに計画を立てる。

なので子供の弱点を把握し、PDCAサイクルで弱点を克服していくようにしてください。

通信簿がすべてではない!通信簿の本質を知る

みなさん、通信簿ってその教科のすべてだと思っていますか?

評価がいいからその教科はできる、評価が悪いからその教科はできないと、安易に考えてる人もいると思いますが、通信簿ってそんな単純なものじゃないんですよ。

通信簿はあくまで結果でしかない

通信簿は3段階で評価されたりしてますが、これはあくまで結果でしかありません。ただのデータです

子供の弱点はここですよ、というデータを持って帰ってきてるようなもの。

なので、評価がいいから喜ぶ、悪いから怒るとかじゃなくて、悪ければどうすれば良くなるか、という分析をするためのただのデータです。

トモキン
もし「頑張ろう」が多くても、弱点は何かを分析して対策していくことにより、後々「できる」とか「よくできる」に評価をあげることができるんやで。

ケイスケホンダもこのように言ってますしね。…って偽物ですけど(笑)

先生は先生、人によって好みも様々

学校の教科には図工や音楽といった副教科がありますが、でも図工や音楽ってどういった基準で評価されてるかってわかりますか?

体育は運動ができるかできないかという判断で評価をつけれますが、図工って作品が上手とか独創性があるとかで評価がつけられますよね。

でもこれってほとんど先生の主観でつけられているんですよ。

先生が「この作品いいな。」と思えば評価も良くなりますし、普通だなと思えば普通の評価になるんです。

自分がもしこの子の作品は微妙だなと思っていても、先生が素晴らしい!と思えば良い評価をつけてくれます。

トモキン
要は、先生の好みの作品に仕上げられたら評価もあがるっちゅーわけやな。

なので先生の好みでつけられる評価に一喜一憂したって、意味がないんですよ。

ちなみに僕の一番上の子は、ドラえもんで言う出木杉君みたいな感じなので、算数や国語の評価はいいですが、図工とかの評価が悪いです。

あ、出木杉君は全教科できるか…

まあでもだからって怒ったりはしてません。なぜなら先生の主観でつけられているから

主観でつけられているものに対して対策とかしようがないので、悪い評価だからといっても全然気にしてませんし、子供にも気にすることないと言っています。

通信簿のコメント欄はいいことしか書いてない

通信簿には先生からの一言が書かれていますよね。あれって、悪いことってほとんど書かれてないと思いませんか。

「この子はこういうことができています」とか、「もっと自信をつけさせるために声をかけていきます」とか、そんなことしか書かれてないですよね。

これもね、保護者からのクレームを避けるために、いいことだけしか書いてないんですよ。今はクレームを言う親とかいっぱいいますから、そんなことに巻き込まれたら面倒じゃないですか。

トモキン
うちの子はそんな子じゃありません!とかいう親も多いからな。

なのでできる子とかは、当たり障りのない内容が書かれています。きっとあんまり見てくれてないのかな、という印象もしますが。

まあ、よく言えば「この子は大丈夫」って信頼してくれてる、悪く言えばほっとかれてる、って感じですかね。

逆にあまりできない子には色々とコメントが書かれてたりするんです。この子のこういうところを伸ばしていきます、みたいな。やっぱりできない子は色々目につくことが多いからでしょうね。

なのでこのコメントも先生の主観が思いっきり入っているので、そこまで気にする必要はありません。

なので評価が良い悪いとか、どんなコメントが書かれているのか、というのは気にしなくていいんです。通信簿は、悪いところがあればどうして悪かったのか、というのを分析するためのデータと思ってください。

子供の通信簿をあげるにはどうすればいい?

通信簿は「この子はここが得意ですよ」とか「ここが苦手ですよ」といったデータが載ってるものです。ただの結果なので、それを見て一喜一憂する必要はありません。

なので苦手なところをどうやって伸ばしていくか、それを親が考えて実践していく必要があります。そのためにはまず分析をしていかなければいけません。

通信簿の評価を上げるには、分析が超大事

勉強が苦手な子は、評価もそこまで高くないと思います。

なので評価を上げるために「もっと勉強しーや。」という人もいるかもしれませんが、勉強しーやだけ言われても、子供もどうやって勉強すればいいのかわかりません

そこで親の出番です。この教科のどこが苦手なのか、というのをまずは分析してあげる必要があります。例えば国語や算数でいうと、それぞれどこが苦手なのかを見るんです。

教科 苦手なところ 改善策
国語 読解能力がない 読解の回答パターンを覚える
漢字が苦手 ひたすら反復して覚える
算数 文章問題が苦手 文章問題の回答パターンを覚える
計算問題が苦手 ひたすら反復して覚える

国語の読解問題は、答えの部分がどこにあるのか、ある程度パターンが決まっています。なのでこの問題はどこに答えがあるのか、というのを色々やらせて覚えていけばできます。

算数の文章問題も同じで、文章を読んでこの問題の時はこの計算式を使って解けばいいんだな、というのを色んなパターンでやらせていって覚えていけばいいんです。

ただ、漢字が苦手とか、計算問題が苦手という場合は、漢字や計算問題の解き方というのをそのまま覚えなければいけないですよね。

そういう覚えないといけないものは、何回も反復して頭に入れていけばいいんです。何度も何度も反復していくうちに、だんだん早く解けるようになりますし、正解率も上がってきます。

早く解けて正解率も上がってくると、勉強することがだんだん面白くなってきて、覚えることも苦にならなくなるんですけど、でもそこに行くまでがなかなかしんどいんですよね。

トモキン
やっぱり勉強は子供からすると苦でしかないやろうからな。

なので、おやつを食べる前に1問解くとか、お風呂に入る前に1問解くとか、そういう風に習慣化しておくと自然と勉強するようになっていきます。

なので「うちの子はバカでね~。」っていう人がいますが、バカではないんですよ。勉強させてないだけで、やれば誰でもできるようになります。

子供自身が、考えられるようにする

そして通信簿をあげるために必要なことがもう一つ、それは子供が自分で考える力を身に着けること

最近インターネットが普及し、わからないことは検索すると一発でわかる時代になってきました。なので考えなくても答えが見つかってしまう時代なんです。

そのため今は考えない子供が多くなっています。そうすると国語の文章問題とか、少し考えればわかるようなこともわからないとなってしまうんですね。

国語以外の教科でもそうですが、まず文章を読んで問題を解いていかないといけないので、問題を読んで考えて解いていく力が必要になってきます。

でも考える力をつけるにはどうすればいいのか?

トモキン
やっぱり一番いいのはやっぱり読書やな。

昔から本を読むことはいいことだと言われていますよね。

本を読むことによって、自分の知らない世界を知れたり、語彙力が増えたり、感情移入して読んで相手の気持ちを考えることができるようになったり、たくさんのメリットがあるんです。

でも読書が苦手な子供もいますよね。小さいころから絵本を読んであげてたとか、本と触れ合っていない子供が急に読書といわれても、途中で飽きてしまったりすることもあるでしょう。

そんな時は、漫画で十分なんですよ。

例えば好きな漫画とかを読んで、この主人公はこんなこと言ってるけど、どんな気持ちで言ってるんだろうって、考えながら読めばいいんです。

トモキン
ボロボロになりながらもジャイアンに勝ったのび太を見て、ドラえもんはどう思ったのかな?とか考えながら読んでいくと、だんだん読み解く力もついてくるんやで。

文庫本は少し苦手という子供でも、漫画だと色々考えやすいと思いますし、親子で一緒に漫画を読んで、「この時ドラえもんって、どう思ってたと思う?」とか聞いて考えさせるというのもいいですよ。

考える子供にするには親の関わり方がすごく大事

色んな問題を解いていくために、まず考える力をつけないといけないですが、その為にはやっぱり親がどう子供に関わっていくか、ということが一番大事です。

どうすればこの子は伸びていくのか、どうやったら記憶力がよくなるのかなどを親がしっかりと勉強して、それを子供に実践していく必要があります。

でもほとんどの親はそんな勉強なんてしていません。なので自分がやってきた経験をもとに、あーしろこーしろというんですけど、それってほとんど意味なかったりするんですよ。

トモキン
ちなみに、書いて書いて書きまくって覚えろ!っていう人がいるけど、それ間違ってるからな。まず目で見て口に出して言って聞いて、覚えてから書いていくんやで。

こういう勉強法も、親は勉強していないので知らないんですよね。

子供がやる気がない時はどうやってやる気を出してあげればいいのかとか、語彙力がない場合はどうやって高めていけばいいのかとか、そういうのを勉強して子供に実践してあげると、通信簿の評価も上がってきます。

【期間限定】やる気の出し方(永久保存版)理解すれば本気で人生変えれますPart2

2019年12月17日

【限定配信】やる気の出し方(永久保存版)理解すれば本気で人生変えれますPart1

2019年12月13日

自分の経験値で子供に言うのではなく、まずは子供の弱点を分析し、どうすれば克服できるのかをしっかり考えてそれについて勉強して、教えていってあげてください。

通信簿は成長する過程で参考になる!

通信簿は目先の評価でしかありません。そんな目先の評価に左右されるのではなく、将来のことを考えてやっていくことが大事になってきます。

トモキン
苦手な教科をどのように上げていくか?ってことを考えていくことが大事やな。

将来のことを考えてやっていく為には、まず考える力が必要になってきます。考える力が身についていると、人生においてもとても有利になってくるんですよ。

例えば国語の成績が良かったのが、急に落ちてしまったとしましょう。

この時、考える力がない子は、「もうダメだ…」ってただ落ち込むだけ。もう這い上がってこれないですよ。人生の中で挫折を味わって、なかなか立ち直れない人になってしまいます。

これが考える力があると、ここがダメだったから次はここを勉強していけばいいんだな、とか自分で分析することができるので、どんどん賢くなっていきます。

考える力があれば、人生の中で挫折を味わっても、何がダメだったのかを分析してまた再チャレンジできるので、成功できる人になりますよ。

なので通信簿は評価が良いとか悪いとかじゃなくて、悪いところはなぜ悪かったのか?というのを分析するためのデータだと思ってください。

そして親が分析してあげて、じゃあここを勉強していけばいいよっていうのを子供に教えて…と親が子供に関わってあげて、悪かった教科の評価をあげていけるような使い方をしてほしいと思います。

まとめ

  • 通信簿は相対的評価から絶対的評価へ変更になった
  • 通信簿はあくまでもデータでしかない
  • 親は通信簿の評価を見て一喜一憂する
  • 通信簿は先生の主観によってつけられている
  • 考える子供になることが大事
  • 親が記憶力の仕組みなどを勉強する必要がある

通信簿は先生の主観でつけられることが多いので、一喜一憂する意味がありません。それよりも悪いところを見つけて、どうすれば良くなっていくのか、というのを分析していく必要があります。

その為には親がしっかり勉強し子供に教えてあげることで、子供も考える力が身についていきます。ぜひ通信簿を見たときは怒るのではなく、子供と一緒にどうすればいいかを考えてあげてください。

この記事以外にも、ビジネスのことや子育てのことについて他にも記事を書いています。また、メルマガやyoutubeでも色んな情報をお届けしていますので、ぜひ登録してみてください。

以上で今日のお話終わります。

トモキンでした。。

読むだけで得する記事特集!!

約83%の方が合わせて読んでます。

元公務員が教える!絶対稼げる最速ブログテクニックとは?

務員から民間に転職!!後悔しない成功法則を元公務員が語る

公務員の独身女性がもつ2つの力! 結婚よりも楽しい生活とは?

公務員がブログで稼ぐには?意外に知らない仕事とブログの関係

共働き公務員の年収は1000万超!2馬力のヤバイ金の使い方とは?

脱労働!億稼ぐビジネスマインド!元公務員の不労収入の作り方

ネットビジネスを始める前に資金を1日で稼ぐ方法はこれです。

勉強ができないから,しにたい?そんなん勉強の意味わかれば解決や!

スポーツに勝つための子育て論!ビジネス観点からの成功例

年金だけで暮らせる公務員天国の崩壊! 公務員だけのリスクとは?

エリート階級にやりがいを感じる公務員!それ、将来が危険です。

クズ公務員でもできた作文・論文の書き方! 小4の息子でも書ける!!

公務員はモテる!モテない人必見!元公務員が教える成功法則

公務員は合コンに鬼強い! 合コンから結婚した公務員の成功法則!

公務員の夏と冬のボーナス! 妻から頂ける支給額はいくらなのか?

公務員の面接に受かる人落ちる人は決まってる! 元公務員が伝授

公務員のパワハラ3選!!元公務員が語る実態とは?対処法を伝授!

公務員がクビ(リストラ)にならないはウソ!公務員裏事情を暴露!

公務員の幸せは間違い!安定と安泰から生まれない本当の幸せとは?

2019オススメ便利ツール

公務員のタトゥーは許される? 採用の影響やバレたら即クビなのか!

環境がその人を作る!辛い仕事で幸せではないストレス公務員

公務員は財形貯蓄が鉄板!? 元公務員が貯金神話の洗脳を暴露

公務員の安定と安泰はウソ!? 退職後の年金生活が厳しい現実

公務員の副業でアフィリエイト! これで僕の人生は180度変わった

公務員の副業で株は儲かる??株式投資で100万稼いだ元公務員

公務員の仕事がしんどい!辛いしおすすめできひん!やりがいどこ??


終わり。

ーーーーーーーーーーーーーー

あんた誰なん?嘘くさいわぁ〜!これ、よくある詐欺まがいの話やん!

はい、そんな声が聞こえてきました。。

僕はトモキンと申します。

公務員として10数年勤めていましたが、在職中にネットビジネスを始めて公務員の収入を超えたので辞めちゃいました!!しかも3人の小さい子持ちにも関わらず退職。周りから見れば、完全にアホな公務員ですよね。

当時、ほとんどの人が僕のことを「辞めるなんてもったいない!とか、親として無責任だ」なんて言っていました。そんな中、僕は周りの意見を全部無視して必死でネットビジネスに打ち込み不労所得を手に入れたんです。

そのおかげで今でも月平均50万円以上は確実に入ってきます。もちろん100万円を超える月もあります。

では、なんで僕がすんなりと収益化し、公務員を辞められたか気になりますよね。

僕は、「よし、1発起業して儲けるか」って博打みたいなことは全くしてません。3人も子供がいるのでちゃんと成功のルートをたどってネットビジネスをしました。

成功のルート?

世の中には必ず成功するためのゴールデンルートがあります。ホリエモンや与沢翼、松下幸之助もみんなたどっている基本的な成功ルート。

それは特別なルートでもなく、ポンコツな僕でも行ける可能なルート。

誰でも稼げぐことができる成功ルートとは?

まずは僕の成功ルートをご覧ください↓

↓税金泥棒扱いされた僕の漫画をみる↓

おっさんをクリックすれば見れます。

ネットビジネスにちょっとでも興味を持っている方で今すぐ稼ぎたいならこれ

副業でネットビジネスを始めたい人や、いますぐお金がほしい人は試してみてください。

数万円はすぐに稼げる方法です。詐欺でもなんでもありません。正々堂々と収益が出ます。

それは、

『自己アフィリエイト』

です。

トモキン
簡単に言えば、無料会員募集とかに登録したら商品がもらえるやつ。よくスーパーでやってるクレジットカードの募集とかあると思うけど、あれをネットで登録したら誰でも何万円ってキャッシュバックがもらえるんやでー。

なぜなら企業はかつてテレビ局に莫大な広告費を払って商品を宣伝していました。でも今は、インターネットの普及により企業はテレビ局以外の個人に対して宣伝費をかけるようになってるんです。

それがアフィリエイトです。

アフィリエイトは簡単言えば、自分でサイトを作ってそこで企業の商品を売って何%の売り上げをもらうというビジネスです。簡単に言えば自分が店舗オーナー。

また、自己アフィリエイトというのは、企業のキャンペーンなどに自分で申し込んで、その宣伝費をもらうというシステムです。

テレビ局の代わりに個人が宣伝しているだけなんです。その宣伝費を個人がもらう。

このビジネスは詐欺でも怪しくもなんでもありません。

まずは自己アフィリエイトで報酬を得てください。とりあえず行動したら1時間後には数万円ゲットできます。

ネットビジネスが怪しいと思っている方はネットビジネスのからくりがわかると思います。

↓詳しい方法はこちらです↓

ネットビジネスを始める前に資金を1日で稼ぐ唯一の方法とは??

2019年5月4日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です