モテない人はコピーライティング力が必須!起業公務員が伝授!

この記事の著者
名前:トモキン(元公務員) 専門:ブログマーケティング、ブログ集客、記事外注化、自転車屋さん(オーナー兼店長オニガワラ)、 肩書き:元公務員 上司にコテンパンにいじめられていた公務員時代に「公務員は副業禁止?儲けて絶対辞めたるわ!」精神で在職中にビジネス起業。バレても大丈夫なように対策をしながら必死にアフィリエイトサイトを作成し続ける。そしてわずか1年で本業の収入を超えて公務員脱出。趣味は子育て。会社辞めたい現在給料18-30万で頑張っている公務員やサラリーマンに「一生懸命のんびりしよう。」と応援とユーモアたっぷりに低姿勢でサポートしている。コンサル生多数活躍中。得意分野は外注化。1人で常時100人程雇い、最低でも1ヶ月100記事以上を自分の時間を使わずに記事追加しており、時間のないサラリーマンに外注化とM&A(サイト買収)を薦めている。

>>>>トモキンの公務員脱出計画の経緯

最近知った耳で聞ける読書アプリ。780円聴き放題。この仕組みは革命的。昔、子供の頃に聞いた読み聞かせの大人版。自転車や電車でどこでも聞ける。これで1日1冊、年間300冊の本の虫へのハードルが一気に下がった。無料期間あるので是非お試しを。知識増えて世界変わるで。

通勤中に本が聴けるアプリ - audiobook.jp

どうも、こんにちはトモキンです!

今日はこんなお話↓

オレ、全然モテないんだよな~と半ば諦めているみなさん。

絶対モテるようになる!と断言してもいいくらいのテクニックがあるとしたら?

じつは、あるんですよ。

それは、コピーライティング力を身につけること!

ハァ?と思いました?

たしかに一見なんの関係もなさそうですが、モテる可能性が限りなく高くなる魅力的なコピーライティング力というのがあるんです。

早速、説明していきますね。

Contents

コピーライティングで得られること

コピーライティング力、つまり記事を書いたりするライティング能力を上げることによって、何を得られるのかがわからないと話が見えないと思うので、最初に結論からお伝えします。

コピーライティング力を上げると、ズバリ、

人生が豊かになります!

ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、

(1)人生がすごく豊かになって、

(2)コミュ力が上がります。

コミュ力が上がるとどうなるかというと、

(3)相手の行動が読めるようになってきます。

相手が何を考えてるのかとか、実際にこういうふうにしたら相手が喜ぶんじゃないかとか、喜ぶポイント、ツボ、ボタンがある程度わかってくるんですね。

記事を書いて、その記事で人を納得させて物を売ったりっていうのがコピーライティングの力なんですが、人の心を動かす文章を書けるようになる=コピーライティング能力が上がれば、相手の気持ちがわかるようになるんです。

すると、

(4)意思疎通がスムーズになります。

このように、言葉で人を魅了できるようになれば、対人関係が良好になって、

(結論)人生が豊かになる!

というわけです。

このように、コピーライティング力を上げることは、人生にとってすごく大事なことなんです。

そもそもモテる条件とは?

今回はコピーライティング力を上げることによって「モテる」という点にスポットを当てていくわけですが、そもそもモテる条件って何でしょうか?

主なものは次の3つです。

モテるポイント
  1. 性格
  2. 興味を持ってもらえるかどうか

これが全部あれば間違いなく好かれますし、ない人は、これらのポイントを高評価にもっていかないとダメなんです。

僕は遊び人でもなんでもないですが、コンパにめっちゃ行ってるんです。何千回とかですね。なので、モテる方法、相手に好意を持ってもらえる方法、モテるスキルというのがある程度わかるんです。

公務員合コンの実話! 1000回の合コンから結婚した公務員の本音

僕が男前だからではなく、経験から色々学ぶことによってモテるようになったんです。経験を積めばある程度できるんですよ。

その経験を踏まえて、上記の3つのモテる条件について僕なりのデータを読み解いていきますね。

モテる条件:(1)顔

顔がいいというのは、10代~20代前半くらいまでは、すごく重要になってきます。これはもう仕方がないです。

その年代の人がこれを聴いていたら、「ダメだ…」と凹むかもしれませんが、安心してください、実際は違うんです。

本当に大事なのは、性格とか、興味を持ってもらえるかなんです。顔なんてオプションみたいなもので、すぐ飽きるんですよ。もちろん、最初の印象としてはかなり有利ではありますけどね。

モテる条件:(2)性格

30歳を超えてきたら、もう顔じゃないです。顔より大事なのは、清潔さですね。いかにその人が清潔か。清潔っていうのは、身だしなみとか、食べ方とか、全部ひっくるめて一般的に「きれいに見えるかどうか」です。

顔は多少歪んでいようが何だろうが関係ないです。

僕も経験からわかります。顔じゃなくて、清潔さとか接し方とか性格が大事なんです。性格がダメだったら、どんなに顔がよくてもモテません。これは若い人でも一緒です。

否定しないこと!

会話において、相手を否定するのは絶対ダメです。そういう性格の人って、いるんですよね。たとえば相手の話がおもしろくないと思っても、

「おもんないな~」
「全然興味ないわ」
「それって本当におもしろいの?」

というふうに、相手を否定するのはダメです。

否定はせずに、受け入れたうえでコメントを言うのが大事なんです。それがしっかりできている人は、付き合うといった成功のほうへ持っていけます。

モテる確率がすごく高くなりますよ。

モテる条件:(3)興味を持ってもらえるか

ちゃんと相手に興味を持ってもらえるかどうか、これがいちばん大事なポイントです。相手に対していろんな話をして、興味を持ってもらえるかどうか。

「この人なら私にとってメリットがあるな」と思わせたら勝ちです。まずは第一関門突破ですね。自分のことを知ってもらって認識してもらうという壁は破れるわけです。

そしてデートなどでさらに価値が高いことを知ってもらえば、あとはビジネスで言うところの成約が取れます。

ビジネスも恋愛も同じですが、結局、メリットがあるかどうかをしっかり相手に提示できるかがカギなんです。

コピーライティング能力がないとこうなる

実際にコピーライティングの能力がないとどうなるか。551の豚まんのCMを参考に、「あるとき!」と「ないとき!」を説明していきますね。まずは、「ないとき!」から。

コピーライティング能力が「ないとき!」(1)相手の会話のポイントが掴めない

モテない人の典型的パターンなんですが、相手の会話のポイントが掴めないんです。相手がどういうことを意図していて、どういう答えを求めているのかといった、相手の気持ちがまったく読めないんです。

これ、いちばんイタイです。かなりイタイです。

会話が通じないっていう感じですね。

そして、ポイントが掴めないので、何を話していいか全然わからないんです。

会話のポイントが掴めない人の例

たとえば、相手は水泳が好きだとしましょう。あなたは水泳についてはわからないので、自分の知っているボクシングの話をします。

そしたら相手はどう思うでしょうか?

全然おもしろくないですよね。

全然興味ない話じゃないですか。

まだシンクロとか飛び込みとかの話のほうがよっぽどマシです。

あるいは、水泳を知らなければスポーツ理論の話をすればいいと思うんですけど、そうやって話を膨らませることもまったくできないんですね。

このようにポイントが掴めないと、そのまま離脱されます

コピーライティング能力が「ないとき!」(2)自慢話

自分主導の話、自慢話で終わる人は最悪です。自分の言いたいことばっかり言うのも同じです。

意外と結構多いんですよ、自慢してないようで自慢してる人って。

実際に会話をしてみたらわかると思うんですけど、俺って結構自慢話してるなと気づきます。俺こんなにスゲーんだぜ!みたいなことを、知らない間に言ってる人がいるんです。

相手が女性だったら、話を聞いてもらいたいというのが前提としてあるんですね。そこに気付いていないと、自分の自慢話をしたところで付き合ったり、いい関係になったりするのは無理です。

トモキン
自慢話をしていい気分になって、それだけでいいならいいけどな~。

物を売るときもそうですが、

「これいいから買いなよ」

とだけ言われるのと、

「この商品は〇〇がよくてね、やる気がないときでも、これを使うとすごくやる気が出るよ」

みたいにきちんと説明してもらうのとでは全然違いますよね。

そういうふうに、しっかり話の手順を踏まないとダメなんです。自慢話からスタートすると、

「この人、ほんとに自分のことばっかり」

と思われるのがオチです。こういう人もイタイですね。

コピーライティング能力が「ないとき!」(3)メリットを見せられず相手にされない

「この人なら私にメリットがある」ということを提示しないとダメです。これがまったくできない人は、自慢話や自己主張が強いのと一緒で、

「結局、この人は何が言いたいの?」

と思われて終わりです。

こういう人って本当にダメなんですけど、実際よくいるんです。

これから知り合っていって、楽しくいろんな会話をして、「この人、いろんなことを知ってるな」と思ったら、興味を惹かれますよね?

そうやってメリットを提示できない人は、相手にされません

コピーライティング能力が「ないとき!」(4)自己流でがんばる人

これも本当にダメですね。恋愛でもなんでもそうですが、自己流でがんばる人がいます。がんばるのはいいんですが、方法が間違ってます。

先人からの知恵があるわけですから、その知恵を使わないと!

そこはやっぱり勉強しないとダメです。

僕も勉強は大嫌いでした。

でもビジネスをして勉強のおもしろさを知ったので、たとえば脳科学の観点から、どういう人が好かれるのか、どういうことをすると好意を持たれるのかということを考えていくわけです。

  • 男性脳
  • 女性脳
  • どういうふうにアプローチしていくのか

そういうことを理論立てて勉強していると、実際に使えるようになってきます。

トモキン
僕みたいにどんどんコンパに行って、その知識を使ってると、だんだんそれが定着して、成功確率が高くなるんや。

自己流でやるとチーンです。

自己流は絶対ダメです!

成功してる人、上手い人から技を盗むのが大事です。

「俺は顔がダメだから~」とか言ってる場合じゃないですよ。成功する人というのはちゃんと勉強をしていますし、経験をいっぱい積んでいます。たぶん、ふつうの人たちより失敗経験も多いと思います。

だからこそ成功してるように見えますが、失敗経験はそれ以上にあるはずです。

モテない人がコピーライティングを手に入れたらどうなるか?

では、コピーライティングの能力が「あるとき!」はどうでしょうか? ポイントは3つです。

コピーライティングの能力が「あるとき!」
  1. 人の気持ちがわかる。
  2. 人の動きがわかる。
  3. 落としどころがわかる。

では、ひとつずつ説明していきますね。

コピーライティングの能力が「あるとき!」(1)人の気持ちがわかる

コピーライティング力を手に入れることによって人生が豊かになりますので、コミュ力が上がります。コミュ力が上がると、人の気持ちがわかるようになります。

会話をしている相手の気持ちがすごくわかるんですね。

  • この人は何を考えてるのか?
  • そもそもこの人は何を求めているのか?

そういうことまでわかってくるんです。

そういう人の気持ちを理解する力を、コピーライティングで文章を書くことによって養っていけます。

コピーライティングの能力が「あるとき!」(2)人の動きがわかる

人に何か物を売りたいときにコピーライティングの力を使うわけですが、無理やり買わせるのではなく、ちゃんとあなたから買ってもいいと自発的に思ってもらわないとダメなんですね。

そのためには、まずしっかり説明する。その人の心に響くレベルにまで落としていくことが必要になってきます。

「これは本当にいい物ですよ」
「自分はこういう人なんですよ」

そういうことを相手にしっかり知ってもらったうえで、働きかけていくことが大事です。自分を知ってもらう努力をすることで、相手に好意を持ってもらえるんですね。

そういう努力をするなかで、人の動きがわかるようになっていきます

コピーライティングで記事を書くときは、どうしたら読み手の心が動くのかを考えます。そもそも読んでもらえる記事を書きたいわけですから、

  • 読み手が何を考えて検索をしているのか
  • どういう検索意図でこの記事に辿り着くのか

ということを、逆算して考えながら文字を書いていくわけです。

検索意図とは?
ある人が検索するキーワードを検索窓に入力する理由動機のことです。なぜそのキーワードを入力したのかを知ることで、求められている文章を書くことができます。

コピーライティングでそういう訓練をしていると、リアルでも人がどんなふうに動くのかがわかるようになってきます。

コピーライティングの能力が「あるとき!」(3)落としどころがわかる

なぜ落としどころがわかるかというと、常に相手のことを考えているからです。

コピーライティングでコミュニケーション能力が上がるのは、文字だけでどうやって相手の信用を得られるか?という点にフォーカスしているからなんです。

物を売りたいというよりも、自分を信頼してもらって、この人から何かを買おうと自発的に思ってもらう形にもっていくわけですから、落としどころがわかるようになります

つまらない質問をしなくなる

モテない人ほどコピーライティング力を上げていけば、コミュ力上がって、会話のなかでつまらない質問をしなくなります。

コミュニケーション力が高い人は、相手の立場に立って考えられるからです。

「どうしたらいいですか?」

という質問と、

「これは〇〇だから僕は△△だと思うんだけど、どう思いますか?」
「〇〇とか××とか色々やってみたけどできなかったんです、どうしたらいいですか?」

という質問では、相手の印象は全然違いますよね?

自分が何かアクションを起こしたうえで方法を聞くのはアリなんですけど、何もせずに丸投げされると、相手も「いや、いろんな方法があるから…」と返事に困ります。

コピーライティング力をつけるとコミュ力が上がり、人の気持ちを考えられるようになるので、質問力も上がり、相手が答えに困るような質問は基本的にしなくなります

コピーライティング力をつけていくと、しっかりした受け答えができるようになってモテる人に変わっていきますよ。

モテない人はコピーライティングで何を学べばいいのか?

では実際に、モテない人はコピーライティングで何を学べばいいのか?ということを、より具体的に説明していきますね。

構成を覚える

まずは文章の構成を覚えてください。記事を書いていく際に、何から書いていくかという順番ですね。成功の型がありますから、何を書くかよりも、まず構成を覚えることです。

構成を覚えるとどうなるかというと、首尾一貫が学べます。構成が整えられない人は、書き始めた内容が最後には変わってしまったりして支離滅裂になり、

「結局、何が言いたいの?」

となるんですよね。

会話も同じです。文章を整えられるようになれば、会話でもできるようになりますよ。

構成を整える例

たとえば、「スポーツはいいよね」という話をするとします。

「スポーツは将来的にもずっと使えるし、体を動かすには水泳はいいよね」という話をして、最後に「やっぱりスポーツはいいもんだね」という結論になれば、上から下まで話は合っていますよね。

でも、話を全然違う方向へもっていく人がいるんです。

「水泳ってすごくいいよね、楽しいよね」という話をしておきながら、最後に「でもスポーツってしんどいよね」で終わるとか。これでは、前半と後半で全然違うことを言ってますよね?

こんなふうに一貫性がない人は、基本的にあまり好かれません。筋の通った話をする人は最初の言葉を曲げないし、最後にちゃんと話をまとめるんです。

文章の構成でも書いたことを最後にまとめるんですが、会話でも最後にまとめることはできるので、首尾一貫するんですね。ちゃんと上から下まで話がつながるんです。

「水泳はいいよね」という話なら、最後もやっぱり「水泳はいいよね」で終わらないとダメなんです。

「水泳ってやっぱりしんどいから僕はあまり好きじゃないな」というコメントで終わったら、

「どっちやねん!」
「なんなのこの人?!」

ってなりますよね?

そういう話の構成を、まずコピーライティングで学んでください。

文章を作成することでリサーチ力を強化する

文章を書くときに、全然知らないジャンルだとすると絶対調べますよね? このリサーチする力をつけてください

リサーチのやり方としては、まずライバルをチェックします。ライバルがどういうことを書いているかを調べて、さらにそのキーワードについてより深くリサーチをかけて、話を膨らませながら勉強していくわけです。

それによって何が起こるかというと、会話の横広げがめっちゃできるようになります

リサーチ力をつけて会話を横広げする例

たとえば、あなたは水泳の話をまったく知らないのに、会話の相手が水泳の話が好きだとわかったら、「水泳の話なんてできない、どうしよう」と焦りますよね?

でもリサーチ力をつけて引き出しを増やし、横広げができるようになっていれば、いろんな想像を膨らませることができます

水泳は知らなくてもスポーツの話ならできる→スポーツに対する考え方はどうだろう?→練習がしんどいときはどうしてるのかな?

といったふうに、横に広げていけるんです。

「水泳がしんどいときは、どういうふうに対処してたの?」
「練習が嫌なときとかなかった?」
「そういう練習ってしんどいよね」
「週何回くらい泳いでるの?」

こんなふうに、スポーツという観点から話すといくらでも話が広がっていきます

常にリサーチ力を高めることによって、横広げが一気にできるようになるんです。そうなると、会話に詰まることはまずありません。

僕みたいに永遠にしゃべっていられるんです。引き出しがひたすらあるんですよ。

トモキン
コンパとか飲み会でも、全然話は尽きへんで~。

でもじつは種明かしをすると、同じ話をしてるだけなんです。飲み会ごとに相手は違うので、同じ話でもまったく問題ないわけです。

よそで経験して、これは使えるなと思ったことは引き出しに入れておいて、また次に使ったり。それをどんどん繰り返すことで、無限に引き出しが広がっていくんですね。

僕はコピーライティングではなくてコンパや飲み会で学びましたが、結局このふたつが繋がったんです。コピーライティングを学んだときに、なるほどこれは一緒だな!と。

コンパや飲み会でいろんなことを経験して、リサーチしまくって、学んで、それをアウトプットしていって、どんどん横広げが上手くなって、引き出しがいっぱい増えたんです。だから会話に困らないし、話題に詰まることもありません。

それと同じことが、コピーライティングを学ぶことでできるようになります。

感情的価値を上げる

ビジネスには機能的価値と感情的価値というものがあります。

機能的価値、感情的価値とは?
機能的価値は、その名のとおり機能面での価値=性能の良さ、スペックの高さです。感情的価値は気持ちの面での価値=限定品などの希少性や、それを手に入れる優越感、これが好き!という気持ちなどを指します。

コピーライティングおいていちばん大事なポイントなんですが、この感情的価値をどれだけ盛り込むかによって、その文章が読まれるか、魅力的な文章と思ってもらえるかが決まります。

どう盛り込むかというと、何かを買ってほしいとき、それを買った場合の楽しい未来、想像できる明るい未来を見せてあげることがすごく大事なんですね。

「これを買ったら10kgも痩せてモテモテになっちゃったよ」
「何もしなくても声をかけられたよ」
「今まで人から見られたことなんてないのに、普通に声をかけられてすごいよ」

そういう具体的ないい未来を相手に見せてあげるんです。

これは会話でも同じで、感情的価値を自分の言葉でコントロールできるようになれば、次は相手にとって何がメリットなのかをリサーチして、相手にとっての自分のメリットを伝えることができます

感情的価値を上げる例

たとえば、相手がアウトドア派で外に出ることや散歩が好きだとします。もし自分がキャンプ好きなら、「僕と知り合いになればキャンプとか得意だから一緒に行こうよ!」と言えますね。

「キャンプに行けば、自然がいっぱいあって非日常的な体験ができるよ」
「今までキャンプに行ったことがないなら、ヤバイくらいハマるよ!」

と、どんどん自分と付き合うメリットを見せていけます。メリットが見えれば好感度も上がりますから、感情的価値が上がります

感情的価値の上げ方を学んだら、かなりモテるようになります。さらっと好感度の高いことを言える人って、すごく魅力的ですよね!

まずはリサーチでいろんな話を聞きだして相手が何を求めているのかを知ると、アウトドア派ならキャンプの話ができますし、インドア派ならインドアの話題を出して、話を横広げをすることで一気に自分のペースにもっていくこともできますよ。

そういうことが、コピーライティングを学ぶことでできるようになるんです。

コピーライティングを学ぶ方法

実際に、どうやってコピーライティングを学べばいいのかという話ですが、これはもう簡単にまとめると、お金と時間です。

  • いかに経験するか(=時間を使うか)
  • いかにお金をかけるか

ですね。

もちろん無料のものもありますが、僕が推奨しているのはお金と時間を使うことです。

僕の場合は、飲み会に何千回と行ってお金も時間も使っています。そこで研究もしますし、コツコツ学んでいかないとダメなんですよね。

僕の場合、いろんなモテる人について行って、どういう会話をしているのかとか、会話のテクニックを学びました。違うタイプのモテそうな人がいたら、その人と友達になって、なるほどこういう会話をしたらモテるんだなと研究したわけです。

トモキン
若干、変態やけど…ww

そうすれば自分のモテる確率も上がってくるんですよね。モテる人の真似をしていけばいいだけの話なんです。

独学ではダメ!

独学では厳しいです。なんらかの形で教えてもらう必要がありますね。なぜなら、独学では自分の感覚でしか物事を捉えられないからです。

プライドを捨てて教わろう

たとえば、僕がビジネスをやろうと思ったときは、独学では限界があるので弟に教えてもらいました。最初は僕もプライドが高かったので年下に聞くのは嫌だったんですけど、やっぱり儲けたいのなら儲けてる人に聞くのがいちばん早いんです。

最初はすごくプライドが邪魔をすると思いますが、しょせんプライドなんて自己満足の世界です。プライドなんていらないんですよ。余計なプライドさえ捨てれば何でもできるし、モテるようにもなれます。

モテたいときは、モテる人から学ぶのはすごく大事ですよ。もっとも、実際にはコピーライティングから学べるんですけどね。文章で学んだことを会話に落としていくだけなので。

お金という意味では、無料のものではなく有料のコンテンツや教材を買うとか、勉強してコンサルっていうのもアリかなと思います。

コピーライティングは、身につければ一生使えますから!

モテるセミナーとかに通うのではなく、本物のコピーライティング力を身につければ、かなり人生は成功していきます。

なんらかの形でアクションを起こして、成功の型をしっかり真似て、コピーライティング力を上げていくのが大事です。

コピーライティングは一朝一夕には身につかない

ただし、コピーライティングは瞬間的にいきなり上手くなるということはありません。なぜかというと、コピーライティングはほとんどの学校では教えてくれないので、一から勉強する必要があるからです。

学校で習う文章とコピーライティングは全然別!

学校の文章が上手に書ける人、点数がいい人というのは、提出する文章なんです。コピーライティングとは全然関係ありません。

魅力的な文章と提出する文章は、まったく違うんです。

義務教育で学んでいるのは魅力的な文章ではなくて提出する文章なんです。上司に対して提出するとか、報告書に近いですね。だからあまり感情的価値は要らないし、勉強してまで盛り込む人も、あまりいません。

だからこそ、コピーライティングは勉強する必要があるんです。でも瞬間的に上達することはまずないので、書き続ける必要があります。

コピーライティングの数をこなそう

僕は飲み会に行きまくっていましたが、コピーライティングも同じで数が必要になってきます。

最初は僕もコピーライティングが下手だったんです。でも、100記事、1000記事と書いていくことで上手くなっていって、それが会話にもつながっている部分もあるんですよ。

なんでも同じですが、継続は力なりです。

記事を書くことを習慣化していくことで、コピーライティングの力も上がっていきます。習慣化については、やる気の話も書いているので興味のある方は見てみてくださいね。

【限定配信】やる気の出し方(永久保存版)理解すれば本気で人生変えれますPart1

継続するには、お金と時間が必要です。お金といっても大金が必要というわけではなく、自分の出せる範囲で出して学んでいくのが最短ルートですね。モテるためには必要な経費です。

飲み会も、同じメンバーばかりではなく、いろんな集まりに積極的に行くとモテたりしますよ。でも、モテるためにはコピーライティング力を上げる必要があるので、まずはそちらからですね。

飲み会に行く前にコピーライティング力を上げて、それから現場で経験を積む!

とはいえ、実際には両方を同時進行でやっていくのがいちばんいいですね。

まとめ

  • コピーライティングで人生が豊かになりコミュ力が上がる。
  • コミュ力が上がると意思疎通ができて相手の気持ちがわかるようになるのでモテるようになる。
  • モテる条件でいちばん大事なのは、相手に興味を持ってもらえるかどうか。
  • 相手に対してメリットを打ち出せる人は強い。
  • 自慢話や自己流はNG。
  • コピーライティング能力が上がると、人の気持ち、人の動き、話の落としどころがわかるようになる。
  • モテない人はまず構成を学ぶべし。言葉に一貫性が出て魅力が出る。
  • リサーチ力をつけて話の横広がりに強くなれば、話題が尽きることはない。
  • 感情的価値を上げて、相手にとって魅力的な未来を見せてあげる。
  • コピーライティングの学び方は時間とお金を使っての経験あるのみ。
  • 独学では伸びないので教えてもらうことも大事。

しゃべるのが苦手な人こそ、コピーライティングの力をつけてほしいです。そうすれば、一気にモテるようになりますよ。話のネタがめちゃくちゃ広がるので、どんな話が来ようが、何が来ようが全然怖くなくなります。相手の興味のある話をしつつ、自分のフィールドにもってくることもできるようになります。

そしてコピーライティング力をつけるには、書き続けることが大事です。プラス、教えてもらうこと! もしくは教材を見て人の真似をしてください。

独学でやっても伸びないし、コピーライティング力は上がりません。魅力的な文章の書き方は学校ではまず教えてくれないし、先生も知りませんから。そこはお金を払って学ぶとか、僕のメルマガに登録するとかして覚えていってくださいね!

以上で今日のお話終わります。

トモキンでした。

読むだけで得する記事特集!!

約83%の方が合わせて読んでます。

元公務員が教える!絶対稼げる最速ブログテクニックとは?

務員から民間に転職!!後悔しない成功法則を元公務員が語る

公務員の独身女性がもつ2つの力! 結婚よりも楽しい生活とは?

公務員がブログで稼ぐには?意外に知らない仕事とブログの関係

共働き公務員の年収は1000万超!2馬力のヤバイ金の使い方とは?

脱労働!億稼ぐビジネスマインド!元公務員の不労収入の作り方

ネットビジネスを始める前に資金を1日で稼ぐ方法はこれです。

勉強ができないから,しにたい?そんなん勉強の意味わかれば解決や!

スポーツに勝つための子育て論!ビジネス観点からの成功例

年金だけで暮らせる公務員天国の崩壊! 公務員だけのリスクとは?

エリート階級にやりがいを感じる公務員!それ、将来が危険です。

クズ公務員でもできた作文・論文の書き方! 小4の息子でも書ける!!

公務員はモテる!モテない人必見!元公務員が教える成功法則

公務員は合コンに鬼強い! 合コンから結婚した公務員の成功法則!

公務員の夏と冬のボーナス! 妻から頂ける支給額はいくらなのか?

公務員の面接に受かる人落ちる人は決まってる! 元公務員が伝授

公務員のパワハラ3選!!元公務員が語る実態とは?対処法を伝授!

公務員がクビ(リストラ)にならないはウソ!公務員裏事情を暴露!

公務員の幸せは間違い!安定と安泰から生まれない本当の幸せとは?

2019オススメ便利ツール

公務員のタトゥーは許される? 採用の影響やバレたら即クビなのか!

環境がその人を作る!辛い仕事で幸せではないストレス公務員

公務員は財形貯蓄が鉄板!? 元公務員が貯金神話の洗脳を暴露

公務員の安定と安泰はウソ!? 退職後の年金生活が厳しい現実

公務員の副業でアフィリエイト! これで僕の人生は180度変わった

公務員の副業で株は儲かる??株式投資で100万稼いだ元公務員

公務員の仕事がしんどい!辛いしおすすめできひん!やりがいどこ??


終わり。

ーーーーーーーーーーーーーー

あんた誰なん?嘘くさいわぁ〜!これ、よくある詐欺まがいの話やん!

はい、そんな声が聞こえてきました。。

僕はトモキンと申します。

公務員として10数年勤めていましたが、在職中にネットビジネスを始めて公務員の収入を超えたので辞めちゃいました!!しかも3人の小さい子持ちにも関わらず退職。周りから見れば、完全にアホな公務員ですよね。

当時、ほとんどの人が僕のことを「辞めるなんてもったいない!とか、親として無責任だ」なんて言っていました。そんな中、僕は周りの意見を全部無視して必死でネットビジネスに打ち込み不労所得を手に入れたんです。

そのおかげで今でも月平均50万円以上は確実に入ってきます。もちろん100万円を超える月もあります。

では、なんで僕がすんなりと収益化し、公務員を辞められたか気になりますよね。

僕は、「よし、1発起業して儲けるか」って博打みたいなことは全くしてません。3人も子供がいるのでちゃんと成功のルートをたどってネットビジネスをしました。

成功のルート?

世の中には必ず成功するためのゴールデンルートがあります。ホリエモンや与沢翼、松下幸之助もみんなたどっている基本的な成功ルート。

それは特別なルートでもなく、ポンコツな僕でも行ける可能なルート。

誰でも稼げぐことができる成功ルートとは?

まずは僕の成功ルートをご覧ください↓

↓税金泥棒扱いされた僕の漫画をみる↓

おっさんをクリックすれば見れます。

ネットビジネスにちょっとでも興味を持っている方で今すぐ稼ぎたいならこれ

副業でネットビジネスを始めたい人や、いますぐお金がほしい人は試してみてください。

数万円はすぐに稼げる方法です。詐欺でもなんでもありません。正々堂々と収益が出ます。

それは、

『自己アフィリエイト』

です。

トモキン
簡単に言えば、無料会員募集とかに登録したら商品がもらえるやつ。よくスーパーでやってるクレジットカードの募集とかあると思うけど、あれをネットで登録したら誰でも何万円ってキャッシュバックがもらえるんやでー。

なぜなら企業はかつてテレビ局に莫大な広告費を払って商品を宣伝していました。でも今は、インターネットの普及により企業はテレビ局以外の個人に対して宣伝費をかけるようになってるんです。

それがアフィリエイトです。

アフィリエイトは簡単言えば、自分でサイトを作ってそこで企業の商品を売って何%の売り上げをもらうというビジネスです。簡単に言えば自分が店舗オーナー。

また、自己アフィリエイトというのは、企業のキャンペーンなどに自分で申し込んで、その宣伝費をもらうというシステムです。

テレビ局の代わりに個人が宣伝しているだけなんです。その宣伝費を個人がもらう。

このビジネスは詐欺でも怪しくもなんでもありません。

まずは自己アフィリエイトで報酬を得てください。とりあえず行動したら1時間後には数万円ゲットできます。

ネットビジネスが怪しいと思っている方はネットビジネスのからくりがわかると思います。

↓詳しい方法はこちらです↓

ネットビジネスを始める前に資金を1日で稼ぐ唯一の方法とは??

2019年5月4日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です